引越しの荷造りのポイント

引越しの荷造りのポイントについて紹介したいと思います。まずは引越しといえばダンボールですが、ダンボールは組み立てるときに、中にいれる荷物が思いと底が抜けてはいけませんから、四辺を互い違いにしてはめるという組み立て方は避けたほうがいいと思います。底の部分にもテープを止めてサイドもテープでしっかり止めておくことで引越しの荷物を入れても底が抜けないと思います。引越しの荷造りをする場合には順番があります。引越しのギリギリまで使っているような日用品は一番最後に荷造りすればいいですし、引越し先でも一番にあけられるようにしておきましょう。引越しの荷造りをする場合には今着ていない洋服や寝具、使ってないものから順番に梱包していきましょう。そして引越しの荷造りのダンボールには、その箱に何が入っているのかということを書いておくと荷解きの際に便利ですし、あと、どこの部屋に運ぶのかも記載しておきましょう。引越しがスムーズに進みます。

 

11重たいものは小さ目の箱に入れるように心がけましょう。重たいものを大きな箱に入れると運ぶのが大変ですから、小さ目の箱に入れて運ぶのがいいと思います。またコードが着いているようなものはコードをテープで止めるなどしてまとめておくと引越しの荷ほど機の際もスムーズに進むと思います。

引越しの荷物の仕分

引越しの荷物は極力減らすのがいいですね。引越しというのは荷物を整理するいい機会でもあります。引越しの荷物を荷造りする前に、引越しの荷物のある程度の仕分をあらかじめしておくことで引越しの荷造りはスムーズになります。例えば、洋服をまずは仕分しましょう。最近きていない洋服、もう着ない洋服などを仕分することで引越しの洋服の準備の下準備になります。

 

11そして引越しの準備をしている段階で不用品が出てきた場合には、不用品をどうするのか考えましょう。例えばリサイクルショップにもって行くのか、大型ゴミとして処分してもらうのか、不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば荷造りの時になってあわてなくてすむと思います。電化製品などの場合には、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、もって行く家電、もって行かない家電などの仕分も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の仕分をしておくとスムーズに引越しの荷造りをすることが出来てかなり荷造りもはかどると思いますから、引越しの日がきまったら、できればすぐにでも、ある程度の荷物の仕分に入るといいと思います。

引越しの荷物の破損や紛失

引越しの荷物の破損や紛失について紹介したと思います。引越しの時によくあるトラブルとして、荷物が破損していたり、紛失しているということはよくあるといわれています。引越しのスタッフも配慮をしながら引越しの作業を行っているので、引越しのスタッフからしても、引越しの際におきる破損や紛失のトラブルは必ず防ぎたいと思っているはずです。引越し業者とトラブルにならないためにも事前にちゃんとチェックしておくことと、トラブルが起きた場合についてのことを引越し業者に聞いておくということは大切だと思います。

 

11例えば家具や割れ物に傷がついているかあらかじめチェックしておきましょう。家具などを運ぶ場合にも、立ち会っておくと安心です。また、引越し先が新しい家の場合には、引越しの前に傷を確認しておいて、傷が初めからあるところは最初からチェックしておきましょう。そして荷物や家具が運び込まれて傷や破損を見つけた場合にはその場で引越し業者に言ったほうがいいですね。引越しの際についてしまった傷や破損で引越し業者側に原因があった場合には1年以内だったら保証してもらえるようです。引越しの荷物のトラブルはよくあるトラブルのようですから、少しでもトラブルを減らすためにも事前チェックが必要です。